アレンジを楽しむコツは?

シュシュウィッグやテールウィッグでアレンジを楽しむコツは?

シュシュウィッグやテールウィッグは、地毛につけるだけでも簡単にかわいくアレンジができるため、それだけで十分と考える方も多いでしょう。しかし、同じスタイルに飽きてしまった時や、特別な時などはアレンジを加えるとぐっとおしゃれになるのでおすすめです。シュシュウィッグやテールウィッグに慣れてきたら、ちょっと試して欲しいアレンジのコツをご紹介いたしましょう。

シュシュウィッグのおすすめアレンジ

シュシュウィッグは、つけるだけでもぐっと華やかな印象にしてくれるアイテムです。しかし、ちょっとひと手間加えるだけで、ぐっとこなれ感が出ておしゃれな印象になります。たとえば、土台となるお団子を作る時。この時、きゅっとひっつめてお団子を作るのではなく、シュシュウィッグの雰囲気に合わせて少しルーズな感じでまとめ髪をすると、素敵です。ウィッグともなじみやすいだけでなく、おしゃれさん度がぐっと上がるのでおすすめです。一つに結ぶとき、指で毛束をつまんで少しだけ引き出せばOK。柔らかな感じにまとまればばっちりです。ワンポイントのヘアアクセサリーを活用するのもおしゃれです。ワンポイントタイプのヘアピンや、U字ピン、かんざしなどを使うとおしゃれですね。

テールタイプのウィッグのアレンジテク

ポニーテールやお団子にまとめた地毛にテールウィッグをつけるのが一般的ですが、その土台にひと手間加えるアレンジが簡単かつこなれ感があっておすすめです。たとえば、地毛のポニーテールを流行の「くるりんぱ」してからウィッグをつけるというテクです。くるりんぱはとっても簡単。一つに結んだ毛束の毛先を、結び目の中央に入れて、くるりんとひっくり返すだけです。くるりんぱした後の毛束はまとめてお団子にして、その根元部分に、テールウィッグを装着します。ところどころ後れ毛などを出して、ラフな感じにすれば、自然なのにかっこいいオシャレ度アップのアレンジができますよ!

(関連記事)Fashion Wig - メンズウィッグ -

ページ上に戻る

メニューリスト

twitter & bookmark

  

   このエントリーをはてなブックマークに追加

運営者情報

WIGアラカルト

免責事項

当サイトで提供する情報は、その正確性と最新性の確保に努めていますが、完全さを保証するものではありません。
当サイトの内容に関するいかなる間違い等についても一切の責任を負うものではありません。
当サイトの使用及び閲覧は、閲覧ユーザー様ご自身の自己責任でなされるものであり、当サイトへのアクセス又は使用によって発生したいかなる損害(パソコンやネットワークに生じた損害を含み、直接損害・間接損害の別を問わない)やその修理費用等に関して、一切の責任を負うものではありません。