利用時の注意点は?

シュシュウィッグとテールウィッグ利用時の注意点は?

シュシュウィッグやテールウィッグは、持っているととても便利なアイテムです。フルウィッグと比べて、比較的安価な価格で購入することもできるため、気軽に利用できるという利点もあります。しかし、利用時にはいくつか注意点があります。知らずにやってしまってお気に入りのウィッグをダメにしてしまう事のないよう、注意点についてまとめてみました。

シュシュウィッグやテールウィッグは熱に注意

近年販売されているシュシュウィッグやテールウィッグの多くは、耐熱ファイバータイプのものがほとんどです。基本的には、ドライヤーやコテ、アイロン、カーラーなどの熱を与える美容器具の使用は可能です。ただし、商品によって耐熱温度が異なるため注意が必要です。多くの場合、160℃〜200℃程度となっていますが、同じ場所に長時間にわたって熱を与えると変形や収縮をおこし、毛がチリチリになってしまう事もあるため注意が必要です。同じ場所に集中して熱を与えると、一気に高温になってしまう事もありますので、ドライヤーをかける場合は、あまり近づけすぎないようにするなど気をつけましょう。

ヘアカラー剤の使用はNG

地毛を明るくカラーリングして、手持ちのシュシュウィッグやテールウィッグの色と合わなくなってしまったという場合もあるでしょう。しかし、安易にウィッグを市販のヘアカラー剤でカラーリングをするのはNGです。人工毛のウィッグの場合はカラーリングが可能な商品もありますが、シュシュウィッグやテールウィッグのほとんどは、毛染め剤でのカラーリングができない人工毛となっています。人工毛は市販のヘアカラー剤では思い通りの色に染めたりすることはできませんし、毛質を悪くしてしまいますのでおすすめできません。

ページ上に戻る

メニューリスト

twitter & bookmark

  

   このエントリーをはてなブックマークに追加

運営者情報

WIGアラカルト

免責事項

当サイトで提供する情報は、その正確性と最新性の確保に努めていますが、完全さを保証するものではありません。
当サイトの内容に関するいかなる間違い等についても一切の責任を負うものではありません。
当サイトの使用及び閲覧は、閲覧ユーザー様ご自身の自己責任でなされるものであり、当サイトへのアクセス又は使用によって発生したいかなる損害(パソコンやネットワークに生じた損害を含み、直接損害・間接損害の別を問わない)やその修理費用等に関して、一切の責任を負うものではありません。