お手入れ方法について

シュシュウィッグとテールウィッグのお手入れ方法について

1つ持っているだけでも、簡単にかわいくヘアアレンジができてしまうシュシュウィッグやテールウィッグ。しかし、使った後に気になるのは、その保管方法やお手入れ方法などではないでしょうか?誤ったお手入れ方法や、乱雑な保管をしていると、ウィッグが傷んでしまって2度と使えなくなってしまう事もあるため、できれば適切な方法で保管をしておきたいものですよね。そこで今回は、シュシュウィッグやテールウィッグの正しいお手入れの仕方や保管の仕方についてまとめました。

シュシュウィッグのお手入れ法と保管方法

シュシュウィッグの場合、あまり気を使わずに保管管理ができるので使いやすいアイテムでもあります。特別なお手入れはなどはないのですが、毛が絡まってしまっているようであれば、手ぐしか大き目のコームなどで軽くといて整えます。シャンプーやトリートメントなどのお手入れは基本的には、不要です。保管時は、直射日光の当たらない場所で保管をします。また、ほこりがつかないよう大き目の箱に入れて保存をするか、購入時の保存袋があればそれに入れて保管をしておきます。もし袋がない場合は、ビニール袋やジップ式保存袋などに入れておけば大丈夫です。ただし、つぶれてしまうとカールに癖がつくことがあるので、保管時は注が必要です。

テールウィッグのお手入れ方法と保管方法

テールウィッグのお手入れ方法については、シュシュウィッグとあまり変わりません。軽くといて毛のからみなどをほどき、毛流れを整えておけば大丈夫です。ストレートロングの場合、ツヤなどが気になる場合や長期保存をする場合は、シャンプーとリンスをしておくとキレイに保存ができます。お手持ちのシャンプーやリンスに柔軟剤を加えてお手入れするとサラサラの状態が保てます。不安な場合はスプレータイプのウィッグ専用のシャンプーやリンスがあるのでそちらを使えば安心です。保管は、癖にならないよう大き目の箱に入れて保管をするのがおすすめです。カールタイプはつるしておくとカールが伸びてしまう場合があるので注意しましょう。

ページ上に戻る

メニューリスト

twitter & bookmark

  

   このエントリーをはてなブックマークに追加

運営者情報

WIGアラカルト

免責事項

当サイトで提供する情報は、その正確性と最新性の確保に努めていますが、完全さを保証するものではありません。
当サイトの内容に関するいかなる間違い等についても一切の責任を負うものではありません。
当サイトの使用及び閲覧は、閲覧ユーザー様ご自身の自己責任でなされるものであり、当サイトへのアクセス又は使用によって発生したいかなる損害(パソコンやネットワークに生じた損害を含み、直接損害・間接損害の別を問わない)やその修理費用等に関して、一切の責任を負うものではありません。